NEWS
お知らせ

>2023.01.28
HATAGO井仙

【HATAGO井仙より】2月の各店舗営業日のお知らせ

 

日ごろよりHATAGO井仙ならびにいせんグループをご愛顧賜り感謝申し上げます。

魚沼では連日雪が降り積もり、雪国本番を迎えております。

このたびHATAGO井仙館内の ①むらんごっつぉ ②温泉珈琲水屋・越後湯澤んまや 

そしてryugon館内 ③ryugon cafe では以下をメンテナンスのため2月の店休日とさせていただきます。

 

①むらんごっつぉ

毎週水曜日ならびに一部火曜日・木曜日と定休日とさせていただきます。

1日(水)、2日(木)、8日(水)、9日(木)、

15日(水)、16日(木)、21日(火)、22日(水)、28日(火)

 

②温泉珈琲水屋・越後湯澤んまや

毎週木曜日を定休日とさせていただきます。

2日(木)、9日(木)、16日(木) ※23日(木・祝)は営業いたします。

 

③ryugon cafe

毎週月曜日~木曜日を定休日とさせていただきます。

 

お客様におかれましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

湯沢では雪がしっかりと積もりいよいよウィンターシーズン真っ盛りとなりました。

また、雪景色を眺めながら温泉に浸かるのも気持ちよい季節です。

旅の始まりや終わりに、HATAGO井仙へぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

>2023.01.18
雪国くらしの研究所

ゆきがたの取材に行って来ました!

皆さんこんにちは!

雪国暮らしの研究所の吉越です。

ここ湯沢・南魚沼は例年よりも暖かく、雪も落ち着き始めていますが、今週末からまた寒波が来るということで、ちょっぴり「雪」を期待しているこの頃です。

 

先日、雪国暮らしの研究所で「雪室野菜」と「雲洞庵」の取材に行って来ました。

 

雪室野菜は、浦佐にある飯塚農場さんにお邪魔し、飯塚正之さんにお話を伺って来ました。

そもそも雪室とは、雪の冷気で野菜やお米、お酒などを貯蔵する貯蔵庫のことです。「雪下」野菜よりも水分量が保たれるので食材の日持ちがするのが雪室野菜の特徴。室内は3〜5℃ほどに保たれており、貯蔵した野菜は、甘みが増し、旨味成分が凝縮されるそうです。

飯塚農場さんでは、にんじん、大根、じゃがいも、赤かぶやお米が貯蔵されていました。雪が降るので、この雪を活用できないかと飯塚さんのお父様が雪室を始めたのが5〜6年ほど前だそうです。雪の恵みは野菜作りにも生かされているんですね!

 

雪室が稼働し始めるのは、雪が積もり始める12月終わりから。野菜は、1ヶ月ぐらい雪室に入れておくだけで、旨味や甘みが増すそうです。2月には全ての野菜が出荷され、雪室は空っぽに。そこで、2〜4月にかけては、九州のデコポンを約40トンほど預かって保存するそうです。フルーツの劣化を防ぐこともでき、旬の時期をずらして出荷することができるとのこと。フルーツも雪室に貯蔵して保存することができるとは初耳でした!

また、野菜のコンテナの中には、「給食用」と印が書いてあるものもありました。近くの給食センターにも雪室野菜が運ばれているそうです。学校給食にも雪室野菜が使われているのも雪国らしさですね!

 

続いてお伺いしたのは、「雲洞庵」。

雲洞庵は、南魚沼市にある曹洞宗のお寺です。ryugonから車で7分ほどのところにあるお寺で、ryugonの由来となっている「龍言寺」の末寺でもあります。

今回は、ryugon館内に飾っている雲洞庵の元住職の新井石龍禅師についてお話を伺って来ました。

石龍さんは、20代で住職になられてから94歳まで雲洞庵で住職をされていました。書家としての才能を発揮し、数々の書を納められた方です。「龍言」という宿を始める時にも、石龍禅師に宿の名前を相談していたという経緯もあり、繋がりがあったそうです。ryugon館内にもいくつか書を残していただいており、ラウンジスペースの幽鳥の間にある「古松談般若 幽鳥弄眞如」という文字を書いていただいたのも新井石龍禅師です。

取材にお邪魔した際は、実際に使用していた「落款」の数々も見せていただきました。

貴重な物を見せていただき、雲洞庵の歴史や石龍禅師の人柄など、まだまだ深堀りができそうでした!

 

今回取材した、「雪室野菜」や「雲洞庵」については、今後のゆきがた誌面でも紹介していきますのでぜひお楽しみに!

>2023.01.10
HATAGO井仙

スキーレンタルで楽しむウインタースポーツ

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

雪国もようやく雪が積もり、スキーシーズンがスタートしました!

 

冬の越後湯沢での過ごし方と言ったらやっぱりスキー場に出かけて、スキーやスノーボードを楽しむのが定番ですよね。

でも家からわざわざ板やブーツを持ってくるのは・・・と思っている方へ。ぜひレンタルを利用して、手ぶらでスキーやスノーボードを楽しんでもらいたいと思います。

 

【レンタルについて】

板やウェアは宿提携のショップでレンタルすると、受け取りも返却も宿で行う事ができます。

ご宿泊でスキーのレンタルをご利用予定のお客様は、事前に申込用紙をご記入いただければスムーズにレンタルのご用意が可能です。

(当日レンタルの場合は配達まで30分程度かかります)

よろしければぜひご利用くださいませ。

ご予約はこちら 

 

 

【ryugonにご宿泊のお客様】

越後湯沢駅前のHATAGO井仙を起点にスキー場へアクセスしていただけます。

HATAGO井仙でレンタルグッズの受け取り、返却が可能です。

ご希望がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

>2023.01.06
HATAGO井仙

パティシエ通信・スコーン

皆さま明けましておめでとうございます!

HATAGO井仙パティシエの平賀です。

 

年も改まり2023年を迎えましたね。

今年のお正月はどのように過ごされましたか?

越後湯沢は少しずつ以前のような姿を見せるようになり、連日賑わっています!

 

今回ご紹介するのは素朴な美味しさがたまらない”スコーン”です。

このお菓子は知っている方も食べたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

おやつとしても軽食としても親しまれているスコーン。

HATAGO井仙では朝食にパンケーキを選ばれた方、ryugoncafeではアフタヌーンティーセットをご注文に頂いたお客様に提供しています。

 

なんとこのスコーンはHATAGO井仙の女将直伝のレシピなんです!

卵のコクと小麦の甘み、そしてバターの香りが食欲を誘います…

 

スコーンは材料も作り方もいたってシンプルですが大事なポイントが3つあり

①小麦粉とバターと牛乳を練らないようにさっくり混ぜる。

②折り重ねながら生地をまとめる。

③冷蔵庫でゆっくりと生地を休ませる。

このポイントをしっかりと守ることで美味しいスコーンが出来上がります!

 

生地を焼く際は高温で表面に焼き色をつけてから温度を下げてじっくり焼くことにより外はサクサク中はしっとりふわふわのスコーンになるんですよ♪

 

スコーンの王道お供、ジャムやクリーム塗って食べるのも美味しいですが、私はなにもつけない素のままのスコーンを紅茶や珈琲と楽しむのがおすすめです!

 

HATAGO井仙2Fレストランむらんごっつぉ

 

パンケーキの提供は二部制です。

7:30~

8:30~とお選び頂けます。

*パンケーキの台数には限りがございますのでお早めの予約がおすすめです。

 

ryugoncafe

OPEN  10:00

CLOSE 17:00

 (L.O 16:30)

*不定休となりますのであらかじめお電話でご確認くださいませ。

 

フリーダイヤル:0120-770-440

 

優しい甘さとふわふわの食感。

女将直伝のスコーンをぜひご賞味くださいませ。

>2022.12.23
んまや

【お知らせ】年末年始期間の配送について

 

日頃よりHATAGO井仙および越後湯澤んまやをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

 

このたび年末年始期間につきましては、12月28日(水)の発送を年内最終日とさせていただきます。

*年内の発送をご希望のお客様におかれましては、27日(水)12時までのご注文をお願い申し上げます。

下記の期間は配送ができかねますので予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

<配送休止期間>

2022年12月29日(木)~2022年1月3日(火・祝)

 

お客様におかれましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

配送やご注文についてご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

 

末筆になりますが、本年もたくさんのお客様に越後湯澤んまやをご愛顧賜り重ねて御礼申し上げます。

新年2023年からもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

越後湯澤んまや

営業時間 9:00~18:00 

お電話 0120-770-440

 

 

 

^